本アプリについて

本アプリは、医師と共同で開発した、「がん」の発育速度の目安とされるダブリングタイムを計算するアプリです。
ダブリングタイムとは、「がん」が今の2倍になるまでの日数のことで、ダブリングタイムが短いほど発育速度が速く、長いほど発育速度が遅くなります。
本アプリでは、2回の検査日及び「がん」の進行とともに血液中で増加するとされる「腫瘍マーカー」の値や最大径(腫瘍のサイズ)を入力することによりダブリングタイムを計算します。

マーカー選択画面 入力画面 計算結果画面

本アプリの主な機能

<16種類の腫瘍マーカーを登録>
医療の現場でよく使われている16種類の腫瘍マーカーをあらかじめ登録しています。
また、医師や検査機器によって基準値が異なるため、基準値を変更する事が出来ます。
入力した値が基準値を超えている場合、検査値を入力する画面および計算結果の画面で赤文字で表示します。

<腫瘍マーカーの追加が可能>
予め登録してある16種類の腫瘍マーカーの他に、利用者が腫瘍マーカーを追加できる機能です。

<最大径からの計算が可能>
上記腫瘍マーカーの他に、最大径からダブリングタイムの計算が行えます。
最大径でのダブリングタイム算出は、多くの「がん」に適応出来ます。

<次回予測値の計算機能>
次回の検査予定日を指定することにより、算出したダブリングタイムから次回検査時にはどのくらい変化しているかを計算する機能です。

<計算結果のメール送信機能>
計算結果をあらかじめ設定した宛先にメールで送信することが出来ます。
パソコンでデータを活用する場合、容易にデータを出力できます。

本アプリは、Full版・Lite版・Free版の3種類を用意しています。
使用シーンなどに応じてご利用ください。

機能 Free版 Lite版 Full版
販売価格 無料 1ドル 2ドル
ダブリングタイムの計算 ※1 最大径
腫瘍マーカー ×
登録してある腫瘍マーカーの数 16個 16個
同時計算出来る腫瘍マーカー・最大径の数 1個 1個 4個
腫瘍マーカーの基準値変更
腫瘍マーカーの表示/非表示切り換え ※2
腫瘍マーカーの追加 ×
次回予測値の計算 × ×
メール送信 × ×

※1
Free版では最大径の計算のみとなります。最大径は腫瘍のサイズを元に計算するもので、ほとんどのがんの種類に適応出来ます。
※2
予め登録してある腫瘍マーカーのうち、よく使うものを絞り込んで表示する機能です。

詳しい使用方法は、AppStore内、DT計算器各バージョンのページをご覧下さい。

アイコン
DT計算器
アイコン
DT計算器
DT計算器Lite DT計算器Full

免責事項

本アプリは、「がん」の発育速度を知るための目安として使用してください。
また、実際に治療で使用する場合は、専門医と相談の上ご利用ください。